稲子湯の花・センジュガンピ

北八ヶ岳の登山口稲子湯

センジュガンピ
(千手岩菲)ナデシコ科センノウ属の多年草。 本州(東北~中部地方以北)の山地~亜高山帯の林縁や森林に生える。
高さ30~100cm。花期は7~8月、花は白色で直径2cmほど、花弁の縁がギザギザになっている。
名前は、日光の千手ヶ浜で発見された中国原産の岩菲(センノウのこと)に似た花から付けられた、といわれている。
17~8年前に本沢温泉で見かけました、それ以来です。

f0232758_22334073.jpg

f0232758_22335950.jpg

f0232758_22341237.jpg


アカバナ
アカバナ科アカバナ属 多年草
北海道~九州の山麓や野原の水湿地に生える。茎は円柱形で高さ30~70cm。茎には細かい毛がある。葉は下部は対生、上部は互生し、しばしば茎を抱く。葉身は卵形~卵状楕円形で長さ2~6cm、幅0.5~3cm、基部はしばしば茎を抱き、鋸歯がある。茎や葉は赤みを帯びることが多い。茎の上部の葉腋に直径約1cmの紅紫色の花をつける。花弁は4個で先端は浅く2裂する。萼には腺毛が多い。雌しべの柱頭はこん棒
状をしている。果実はさく果、長さ3~8cmの細長い棒状で、熟すと4裂する。花期は7~9月

秋の頃、さく果の綿毛が飛ぶ様子がヤナギランと似ていて愛らしいです。
f0232758_22352538.jpg

f0232758_22354660.jpg

f0232758_2242112.jpg

イワガラミ
ユキノシタ科イワガラミ属 (落葉つる性)
山地に生え、気根を多数出して、岩や木に絡みついて、高所に登る。

唐沢橋の下から高く上っています。
f0232758_22362128.jpg

f0232758_22363579.jpg

ノノリウツギ
(糊空)、アジサイ科アジサイ属の落葉低木。

とにかく今、真っ白にあちらこちら咲き誇っています。
このうちどれだけが初冬にピンクに色づくでしょうか。

f0232758_22365283.jpg

10
f0232758_2237388.jpg

帰り道霧が巻いてから唐松林がしっとりと美しかった。
[PR]
トラックバックURL : http://yutorie.exblog.jp/tb/20085774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tamayam2 at 2013-07-27 21:45
岩がらみ、のりうつぎ、どれもなかなか撮りにくいです。
暗さの中にひっそりと、いい感じですね。
Commented by yutorie at 2013-07-28 15:50
tamayam2さん
いろいろな撮り方を試しています。
どちらかと言うとハイキーより暗いバックで花が浮き出る・・・そんなのがいいと思うようになりました。
花は難しいね、とつぶやくと
今頃分かったのといわれてしまいますが。
全くですね^^;
尾瀬にはかないませんが稲子湯方面もいいですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yutorie | 2013-07-25 23:09 | 松原湖高原 | Trackback | Comments(2)

信州の自然や催事などをご紹介します
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30